ホワイトデー お返し

パン屋のバイトの女の子

僕はパンを食べるのが好きで頻繁にパンを食べています。
朝、昼、晩と三食パンでもいいくらいです。
普段よく行くパン屋に今日も買いに行ったらいつもと違う店員の女の
子がいました。
彼女は僕と同じくらいね年齢みたいなのでカップルになるにはちょうど
いいかなと勝手な想像をしていました。
なんといっても笑顔が好きですね。
いつも一人暮らしをしている僕はバレンタインデーにも誰にもチョコ
をもらっていなくてホワイトデーのお返しもする必要がないので
気楽に過ごしていたのですが、これはチャンスだと思いました。
パン屋で働いているので食べる系のものはなるべくプレゼントとして
はよくないと考えてスイーツ以外のサプライズを準備しようと思って
います。
上手くいかなくて当たり前ですので何も失うものはありません。
だから振られてもいいので後悔しないようなホワイトデーにしたいです。

 

⇒ホワイトデお返しプレゼントランキング2014年はこちら